もし法律家になるなら、私は弁護士になりたいです。

弁護士に相談するシーンいろいろ
弁護士に相談するシーンいろいろ

刑事事件の弁護士に抱く憧れ

もし法律家になるなら、私は弁護士になりたいです。
検事という道もありますが、私は刑事事件担当の弁護士が良いですね。テレビドラマの影響もあるけど、実際に冤罪などで苦しんでいる人を助けてあげたいと思います。事実、日本でも冤罪により逮捕された人も大勢いるし、冤罪のまま刑が執行されたケースもあります。最近でも裁判のやり直しが認められた事件もあるほどです。
そういう人達にとっては、弁護士だけが救いの道です。
冤罪を晴らすのは、並大抵の事じゃないと思うけど、弁護士にしか出来ない事だと思うので、やり甲斐はかなりあるでしょうね。人ひとりの人生がかかっている事だから、絶対に助けてあげたいと思います。弱気を助ける人情弁護士って感じかな。これもテレビで聞いただけだけど、刑事事件を扱う弁護士って、そんなに儲からないって言っていましたね。それでも実際に刑事事件を担当する弁護士が存在するのは、きっと法律家としての使命感からでしょう。私もそういうポリシーを持って仕事をしたいです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017弁護士に相談するシーンいろいろ.All rights reserved.